白鳥神社
歴史を秘める けやきの森
白鳥伝説は、西暦190年代、古事記に出てくる仲哀天皇の御代に始まる。
白鳥の大空高く舞った大白鳥は日本武尊の神霊として、その羽を祀った。
その後、720年代に、泰澄大師が白い鳥(神女)に出会い、霊示を受ける。
「この地に伽藍を建つべし」と、一社を建立し、伊弉冊尊を祀った。
西暦1852年に、現在の本殿が再建された。
そこには、立川彫りと称される、彫刻が数多く存在。郡上市の重文である。
境内は約3000坪、周囲3〜6mのけやきの巨木数本を始め、二百数十本の樹木群は県の天然記念物。
毎年、秋の例祭に奉納される太神楽は歴史も古く、これも重要無形文化財である。
別宮に
白鳥稲荷神社
秋葉神社

大鳥居

秋の例祭

獅子舞

巫女さん

例祭神事

雅楽

神楽奉納

神饌
 

社務所
   

秋葉神社
   

境内ケヤキ
 

本殿彫刻
   

本殿彫刻
   

初宮神事
 

本殿
   

新年
   

御神酒振る舞い
 

初詣
   

おみくじ
   

稲荷神社
 

七五三神事
   

稲荷神社例祭
   

総代会
 

歳旦祭
   
   

縁起物
 

巫女さん
   

拝殿踊り
   

ご神木・屋号
 

奉納演芸会
   

研修
   

鳥居修繕
 

柴田恭平・姉
   

神楽稽古
   

9/18神事
 

〆縄作り
   

神社へ
   

雅樂
 

巫女さんと
   

浦安の舞
   

神楽1
 

神楽2
   

神楽3
   

オランダから
 

境内の銀杏
   

秋葉神社
   

ストラップ
写真をクリックしてください拡大されます。

29nenkanyotei.htmlへのリンク